名古屋市中村区で整骨院・整体院をお探しなら、中村公園駅から徒歩1分の「久美接骨院」へ。

久美接骨院
くみ
せっこついん

名古屋市中村区乾出町1丁目4-2 深見ビル1F

受付時間:9:00 ~ 19:00(土曜17:00まで)※祝日も営業 ※日曜のみ休み

お気軽にお問合せください

052-446-5332

腰椎分離症

症状・経過

腰椎分離症は、スポーツを活発に行っている10歳代前半の伸び盛りの青少年に、はじめは運動の時には腰は痛いけれども、普段はなんともないといった程度で、運動を続けていくことも可能です。背中をそらす動作腰痛が増すのが特徴で、しばしば前かがみも制限されます。

    体をそらすと痛い

      前かがみで手が床につかない

原因・病態

腰椎の後ろ半分は
リングとなっている

腰椎の後ろ半分は「椎弓」といってリング状の構造をしています。そのリングの斜め後方は細く弱い部分で、背中をそらす動作やジャンプからの着地のような動作で力がかかります。そういう動作が繰り返されると骨にひび疲労骨折)が入ってきます。すべての人が分離症になるわけではなく、体質的な要因もあります。一番下の腰椎(第5腰椎)好発します。

腰椎が2つに分離する

 斜めうしろからのレントゲン写真

治療

コルセットを装着する

分離症の起こり始めの段階では、骨の「ひび」は治ります。まず、原因となったスポーツ、運動を休止させることが第一で、加えてコルセット腰を固定し「ひび」の部位に力がかからないようにします。ただ、骨の「ひび」が入って時間のたったものは骨が再びつくことは期待できません。痛みのコントロールが治療の目標となります。痛みに対しては痛み止めを使ったりもしますが(医科での処方)、筋のバランスをとるために腹筋訓練や背筋、大腿部の筋のストレッチングも重要です。

       腹筋訓練

      背筋のストレッチング

   大腿部のストレッチング

    大腿部のうしろ側のストレッチング

スポーツ復帰

骨がつく見込みがあるかどうかはレントゲン検査CT検査MRI検査などで判断します(医科)。つく見込みがある場合は少々長いのですが6ヶ月くらいまでは骨をつける努力をします。その間はスポーツ活動を休止します。骨のつく見込みのなくなった分離症は強い痛みが治まり次第、さきの治療で腰痛をコントロールしながらスポーツに復帰することになりますが、詳しくは専門医に従ってください。成人の腰椎分離症の多くは無症状で、一生腰痛に悩まされるわけでもありません。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

052-446-5332

受付時間:9:00 ~ 12:30 14:30~19:00

    ※土曜の午後のみ  14:30~17:00

 ※日曜日 休診

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

052-446-5332

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

診療時間

診療日:一般施術
 
午前×
午後×
診療時間

午前 9:00~12:30
午後 14:30~19:00

土曜日午後のみ17:00まで

休診日

日曜日
※平成28年11月23日より
 祝日も施術行います

※自由診療の場合はこの限りではございませんので、ご相談ください。

お気軽にご連絡ください。
自由診療のみ予約です。

052-446-5332

お気軽にご相談ください。

詳細はこちら